このサイトのメインメニュー

活用事例

音声自動応答(IVR)との連携例

音声認識による着信自動振り分け機能
お客様の発話からキーワードを抽出し、適切な担当者へ自動的に振り分けることによって、お客様満足・応対品質を向上します。
導入メリット
お客様をお待たせしたり、たらい回しにしてしまう、といった事態を防ぎます。
音声認識による着信自動振り分け機能

※製品仕様、規格は予告なく変更することがあります。
※記載されているその他の製品名および会社名は、一般に各社の商標および商号です。

このページのTOPに戻る

その他の導入実績

音声自動応答(IVR)以外にも、ロボットや各種PCアプリケーションへの活用など、幅広い分野での利用が可能です。

CTIサービス関連(国内6000回線以上の導入実績)
NTTコミュニケーションズ様「VポータルダイレクトOpen New Window」、「VポータルOpen New Window
音声応答振り分けサービス
リアルタイム株価情報案内サービス
株式注文受付システム
チケット予約サービス
書籍注文サービス
テレフォンバンキングサービス

音声入力を利用したPCアプリケーションに

「SpeechRec」を用いれば音声入力によって動作するアプリケーションを簡単に作成することができます。例えば、キーボード入力を使わずに音声で知りたい商品の情報にアクセスできるようなシステムや、自動受付取次システムなどの構築が可能です。また福祉向け・教育向けソフトウェアなどにもご利用いただけます。

PCアプリケーション関連
N県様 科学館館内案内システム
F県様 観光案内システム

その他、多数のサービス実績があります。

このページのTOPに戻る