このサイトのメインメニュー

ADVICEの機能

  • Voice Dialog Editor
  • ノンストップシステム
  • 障害監視機能
  • 複数サービスの同時提供

Voice Dialog Editor

音声対話フロー作成ツール「Voice Dialog Editor(VDE)」
音声対話フロー(コールフロー)を効率よく作成するためのブラウザソフトウェアを用いたオーサリングツールです。
Voice Dialog Editor
主な機能
・音声フロー編集
・ガイダンス一覧
・自由変数一覧
・パスワードの変更設定
・フロー作成状況確認
・VoiceXMLソース送信
・コンテンツコピー
・情報暗号化設定
作成可能フロー
・ガイダンス再生
・入力値(確認・分岐)
・音声録音/ファイル保存
・通話転送
・情報送信
・VoiceXML作成
・ドキュメント呼び出し
・変数代入

※Voice Dialog Editorは、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供するVポータルダイレクトの音声フロー作成ソフト「V portal Editor」にも採用されております。

このページのTOPに戻る

ノンストップシステム

障害時サーバ自動切換え機能
IVRの接続先サーバ(音声認識/合成/Webなど)名は、変数(例:$W)として与えられており、その変数部分はサーバ管理情報DBに管理されます。
サーバ管理情報には各サーバの接続優先順位やサーバの状態が記述されており、例えばASRサーバ1に障害が発生した場合にはサーバ管理情報に従って自動的に別のASRサーバ2に接続する仕組みとなっています。
また各サーバを変数として扱うことにより、特別なハードウェアを必要とせずに同一構成機器(ミラー)をグルーピングすることができます。
高負荷時他サーバ照会機能
接続を試みたサーバの負荷が許容範囲を超える場合には、そのサーバ自身が別のサーバを照会する自律的な負荷分散機能も実現します。
ノンストップシステム
このページのTOPに戻る

障害監視機能強化

  • 遠隔からの障害監視および障害の検知・発報、復旧・再起動等の操作を行うことができます。監視端末は、パソコン・携帯(メール)・電話等各種端末に対応しております。
  • 各監視対象端末からの、状態通知を待ち合わせる障害監視サービスと、監視対象のPCにインストールされ、PCの動作状況をシステムモニタサービスに通知する監視クライアントで構成されています。
障害監視機能強化
このページのTOPに戻る

複数サービスの同時提供

複数サービスを同時並行で効率的に提供するために必要な各種機能を備えています。

着ID毎の設定切換機能
利用者の着IDごとに異なるVoiceXMLドキュメントを再生することができます。
利用者ごとのサービス(ガイダンス)を再生することが可能です。
着ID毎の設定切換機能
発信機能/発信規制
発信を行ったり、発信先の制限(規制)をかけたりすることができます。
発信機能/発信規制
その他
変数秘匿処理機能
URLに応じて、telephone.dnis(発番)などの情報を秘匿できます。
システムコマンド
バージイン(割込)入力の有効、無効などをガイダンス案内中にプッシュボタン操作で可能にします。
BuiltinDll
ADVICE独自の拡張DLLです。プラットホームの機能をすべて使用する事が可能です。
特定発番拒否
特定の発番からの着信を拒否します。
このページのTOPに戻る